屋久島シリーズについて

個展会場には
屋久島シリーズ」の切り絵と
今年から始めた樹墨画を展示しています。
屋久島シリーズには
すべてではありませんが
タイトルのほかに
解説というか、日記みたいなものが
添えられています。
屋久島シリーズは
私の作品の中ではとくに大事な作品たちです。
作品を見られた際、
その日記も一緒に見ていただくと
とても嬉しいです。
何度も足を運んでいるのに
新鮮な気持ちになり感動できる場所。
そして落ち込んだ自分を
元気にしてくれた場所。
そんな私の気持ちをちょっとでも
感じてほしくて書いた文章です。
この屋久島シリーズは展示するごとに
少しづつ展示内容は変化しますが
(売れてしまったり、新しく作品が加わったり)
「これを見て屋久島に行きたくなりました」
「あの絵を見て屋久島に行ってきました!」
というメッセージをいただくたびに
作品を褒めてもらうよりも
はるかに嬉しい気持ちになります。

今回、展示での反省点が
壁の材質にタイトルや解説の裏の粘着面が合わず
剥がれ落ちるものが続出。
もしかしたら
足をはこんでいただいたときに
はがれているかもしれません。
今回在廊していませんので
そこがどうにもできなくて応急処置となりました。
もしタイトルや解説が読めない場合は
フライヤーの置いてあるテーブルに
一冊切り絵の画集を置いています。
他の過去の作品とご一緒に
読んでいただけると嬉しいです。
なお、そこには感想ノートも
置いていますので
よかったら感想、メッセージを
自由に書いてください。
個展終了後にそれを読むのを
楽しみにしています。
冊数は少ないですが
25、26日にその画集の販売を
お店に私がいる間だけいたします。
ご購入希望の方は声をおかけください。

写真は屋久島シリーズ
「見上げてつられた青い空」です。

島を車でまわっているとき
道路のまんなかに
ヤクザルがすわっていた。
野生のサルに興奮を抑えながら
できるだけ近づいて
シャッターを切ろうとした。
しかし私の存在に気がつかないのか
サルは上を見上げたまま動かない。
何を見ているのか
サルの見上げる先を見てみると
そこにはきれいな青空が
ひろがっていた。

kaoru切り絵・樹木画作品展

H3見出しa

「深呼吸」
10月12日(木)~26日(木)
営業時間11:30~21:00
最終日展示14:00まで
水曜休み、
※ただしワークショップ日は営業

切り絵ワークショップ&ランチも
参加者募集中です。

H3見出しa

日時:10月25日11:00~13:30
場所:アントレアントレ
東京都世田谷区深沢5-5-17アポンダンツァ101
料金:5000円(税別)
ワークショップ
(材料、道具はご用意いたします)+ランチ

申し込み締め切り:10月20日
お申し込み、お問い合わせ
アントレアントレ
TEL03-6759-3273

関連記事

  1. 10月になりました

  2. 熊野へ

  3. 九州場所

  4. 赤間硯

  5. ワークショップの

  6. 指で描く

  7. ゆふいんは、いい!

  8. 早いもので