歩さんに会いに

先日、
高橋歩さんに会いに沖縄へ
「高橋歩 × 河田真誠
LIFE SWICHI 2018 SPRING 』と
いうツアーに参加しました。
13年前に会社を辞めて、

心が疲れはててた時に
歩さんの本に出会いました。

帯に書いてあった
「放浪しちゃえば?」って

言葉に惹かれて一週間後
車にスケッチブック、

自転車、
シュノーケリングの道具、

そして登山靴を入れて屋久島へ行きました。

(その前に友人や家族と何度か行っていたけど)

1人でいろんなものを見たら

今までと違う島の表情に
気がつきました。

その2年後、切り絵をはじめて
屋久島をモチーフに
作品を作るようになりました。

今でも屋久島に行く時は持っていく本です。

その本人と3日間をともにして
イメージどおりの人^^

そのツアーに来ていた
人たちと歩さんの会話は
ずっと聞いていても
飽きないものでした。

みんなが各々持っている
悩みや不安や
質問に
楽しそうに答えてくれて、

それを
聞いている人たちが

どんどん笑顔に
なっていくのを
見ているのが

本当に楽しかったです。

山の中での食事は
豚の丸焼きや
ダチョウの卵焼き、

沖縄の色鮮やかな魚。
キャンプファイヤー、

ツリーハウスや
森の中のブランコ、

そして
リバートレッキングなど

大人がみんな子どもに
かえって
思いっきり
楽しめた3日間でした。

 
大切なことに
気づく場所は、いつも、
パソコンの前でなく、
青空の下だった。
 
歩さんの本の一文。
まさに沖縄の空の下
シンプルに考え、
シンプルに動き、
楽しむことを持って
帰ってきました^^

関連記事

  1. ワークショップの

  2. 素敵な花

  3. 同じモチーフで

  4. 送られた写真

  5. カラフルな和紙

  6. 屋久島BAKA

  7. 好きな島

  8. 早いもので