猫盆栽の掛け軸

カフェあのねさんのインスタで
7月の猫盆栽展を知ってくださった方が
猫盆栽の絵のオーダーを依頼されました。
猫盆栽は基本完成品の販売のみですが
たまに飼っているうちの猫ちゃんを!という
依頼があれば、お受けしています。
今回の依頼はちょっと違っていました。

亡くなったご主人と依頼者ご自身はとても仲がよく、
2人とも猫好きで、記念日にはご主人から花が贈られていたそう。
私の描いていた2匹の猫盆栽の寄り添う姿がそういう2人と重なって
絵をお願いしたいと思ったとメッセージをいただきました。
飼っている猫に似せて描くとかそういうことではなく
大切な方との思い出を猫盆栽を通じて描くという
初めてのご依頼でした。
ご主人は記念日にダリアの花を贈ってくれていたので
可能なら猫盆栽の頭にはダリアを、とのご依頼。
スケッチ段階ではそのような絵を描いていましたが
(普段の猫盆栽は半紙に一発描きですが、
オーダーは一度確認のためにラフをお送りします)
ご主人が記念日に贈っていたとのことでしたので
ダリアは口にくわえる形にしました。
雄の猫には松、雌の猫には今回の桜展にちなんで
桜を描かせていただきました。
2点作品を描いて気に入った方を選んでいただきました。
7月の個展が終わった後に掛け軸仕上げのお願いしていたのが
8月の初めに出来上がり依頼主の元に届けられました。
お盆の仏壇に飾りたいと希望されていたのが
無事に間に合ってほっとしました。

猫盆栽って
猫の体に樹や花など植物が生えてる
一見ふざけた絵ですが
それを面白がってもらうだけでなく、
懐かしく思ってもらえたり、
ちょっとっほっこりしてもらえたり、
目を細めて微笑んでもらったり、
そういうのを見たり聞いたりさせてもらって
描いているごとやんと猫盆栽もとても嬉しく思っています。

その人のための一枚を描く楽しさというか
面白さ、それを今回ヒシヒシを感じました。
(出来上がるまでの緊張感は増しますが^^;)
さ、秋の猫盆栽展に向けて
また楽しみながら描いていきたいと思います!

お盆です。ご先祖様をお迎えいたします。

関連記事

  1. 紙をもらってウキウキ

  2. 百樹分の5

  3. 残り1ヶ月

  4. 今日は

  5. 初日がスタート

  6. 旅猫盆栽展のおしらせ

  7. 猫盆栽、カフェに行く2

  8. 明日から