名前のない樹

屋久島には名前のついた
大きく立派な樹がたくさんあります。
この切り絵のモデルになった樹は
名もない登山途中で見つけた樹です。

屋久島シリーズ
(この作品は今回展示しています)

孤 高
Dignity Or Loftiness 2013年

その樹は霧の湿地に立っていた。
何もかもが色を失って
視界はモノクロだった。
モノクロの視界の中、
圧倒的な存在感で
目の前に立ちはだかる。
雷に打たれたかのように
そこから動けない。
きっと一瞬でこの樹に
惚れてしまったのだろう。

kaoru切り絵・樹木画作品展
「深呼吸」
10月12日(木)~26日(木)
アントレアントレ
東京都世田谷区深沢5-5-17
アポンダンツァ101

Home


営業時間11:30~21:00
最終日展示14:00まで
水曜休み、
※ただしワークショップ日は営業
※恐れ入りますが
 会場がレストランですので
 ワンオーダーお願いいたします。

関連記事

  1. 送られた写真

  2. 赤間硯

  3. 紙をもらってウキウキ

  4. 違う画材で

  5. ライブパフォーマンス

  6. 無事個展終了!

  7. ワークショップ用の

  8. 緑と水のイメージ