百樹分の10 屋久島の旅

先日、
屋久島からもどって大きな樹を描きました。
頭にあった樹はこれかと聞かれると
う〜ん、ちょっと違う気が。。
また挑戦しようと思います^^;

今回は約1ヶ月前に行った屋久島についてです^^
屋久島が初めての友人2人を連れての2泊3日の屋久島旅。
福岡から鹿児島港まで車で行き、
朝の8時半にそこから車ごとフェリーで屋久島に向かいました。

屋久島までは4時間の船旅。
(ドライバーの私はほとんど寝てましたが、
友人は甲板からずっと海を見ていたようです)
フェリーからだんだん近づく屋久島を見て3人で大興奮w

昼過ぎに無事到着。
早速、港から車ですぐの
益救(やく)神社に行き、登山の無事を祈願。


神社にも大きなガジュマルの樹があり、南国な感じ!

そのまま、軽く山歩きをしに
白谷雲水峡へと向かいました。
私は今回が11回目の屋久島。
11回の私も初めての友人も
大きな樹々を見る度に大興奮!w

明日縄文杉を見に行くので(往復10時間ほどの歩く)
今日は2時間ちょっとの山歩きで民宿へと向かうことに。


夕食にトビウオの唐揚げ。
パリパリで美味しくてビールに合う^^

次の日が4時出発のため早く就寝。

2日目
無事に4時に起きて屋久杉自然館へと向かう。
縄文杉に向かう登山口へ行くためのバスがここからでているため。
(車はここまでしか行けない。12月は車で行けるようですが)
5時発のバスに友人2人を乗せて私はそれを見送りました。
縄文杉に2度行っていた私は今回はパス。
他の場所に行くことに。
送り迎えが必要だったので友人たちをバスに乗せて
帰りは16時半すぎにまたここに戻ってくることに。

まだ早い時間だったので
一旦屋久島自然館から下りて
(屋久島自然館もまあまあ車で登った場所にある)
春田浜海水浴場へ向かいました。
ここは前回、安房に泊まった際、
朝日を見に行って気に入った場所。
まだ真っ暗だったので
水筒に入れてきた熱湯でドリップコーヒーを入れ
朝日が出るのを待ちました。
海水浴場と言っても砂浜というわけじゃなく
サンゴ礁や岩が隆起している場所。
そこが引き潮になると海水がたまり
日に反射してきれいだったのを思い出して
今回また訪れました。

今回も美しい景色を見ることができました。
朝日を堪能した後、昨日みんなと行った
白谷雲水峡へ再び向かいました。
前日の昼から出発と違って
人がほとんどいませんでした。
ここから太鼓岩を目指して登ります。
縄文杉のように時間はかからないので
のんびり登山。
前日は曇りでしたが2日目は気持ち良く晴れ
太鼓岩からの眺めも最高でした^^

ここからの眺めは素敵なんですが
岩の先は崖なので落ちたらたぶん死にます^^;
高所恐怖症の私はぞわぞわしっぱなしww
その後、ぐるっとまわるコースで苔むした景色や
気に入った樹の撮影をしながら下山。

まあまあ時間がかかり、
友人たちを迎えに行く時間がせまり終盤慌てました。
(白谷雲水峡から屋久島自然館まで車で40分くらいかかる。
とはいえ、何時のバスに乗って屋久杉自然館に
戻ってくるかわからないんですが。。)
無事に屋久島自然館に4時くらいに到着。
時間があったので屋久島自然館に入館。
ここは屋久杉に関することが学べるところで
何度か入りましたが、好きな場所^^
縄文杉の折れた枝が入館して
すぐの場所に展示されています。
枝といっても普通の樹くらいあるので
これが縄文杉にくっついていたと思うと
縄文杉の大きさが実感できて驚きます。

縄文杉は根を踏み荒らされないために
ちょっと離れた展望デッキからの
見学になるので大きさをダイレクトに感じにくいです)
枝の大きさに感動していたら
スタッフの方からこの縄文杉の枝について
下記のような説明をしてくれました。

2005年、縄文杉の枝が雪の重さで折れた時
最初は自然のままがいいだろうと
そのままにしていました。
すると柵を越えて触ったり、
記念に樹皮を剥がす人がいたため
ヘリで運び出し、研究調査の後、乾燥させて
屋久杉自然館に展示されることに決定。
しかし枝があまりに大きかったため、
入口から入れることが出来ず
自然館の扉を壊して中に入れました。
おかげでお洒落なガラスばりの
入口になり、手動だった入口も
自動扉になりました!w

ぜひ行かれる方は
縄文杉を見た後、または前に
この枝を見に屋久杉自然館に行って見てほしいなって思います。
縄文杉の原寸大タペストリーも展示してあります。

5時半過ぎに無事縄文杉に
たどり着いて下山した友人と合流。
疲れた顔はしていたけれど
達成した感も伝わってきたので
安心して民宿へ直行。
この日の風呂がしみるしみるww

3日目

民宿からのながめ

最終日は屋久島一周ドライブに。
ただし昼のフェリーに乗るため、
あまりゆっくりできないのでちょっと急ぎ足でまわる。
(屋久島は一周約100kmあるので。意外と大きい島です)


志戸子ガジュマル園

西部林道ではヤクザルやヤクシカにたくさん遭遇。


大川の滝では岩を登って滝にできるだけ近づきました^^


帰りのフェリーの中の水族館。
ウミガメの赤ちゃんがいました!

日程としては
あまりゆっくりできないスケジュールでしたが
気心知れた友人との旅は賑やかで楽しく
ロングドライブも苦ではありませんでした。

年明け、もう一度
頭にある樹を描いてみたいと思っています。
今年は個展が中止になったり、
仕事も大変な年でした。
どこかやる気が削がれてしまい
迷いもでてしまいました。
まだそれが払拭したわけではないですが
少しづつ進んでいきたいと思います。

早いものであと4日ほどで今年も終わりです。
皆さん、体調に気をつけてお過ごしください。
よい年になることを祈っております。

おまけ

友人が撮った縄文杉


縄文杉に行く途中にあるウィルソン株の中から見たときに見えるハート

関連記事

  1. いよいよ明日から開催!

  2. おおご社の大杉

  3. 屋久島シリーズについて

  4. 深い世界

  5. 素敵な花

  6. 緑と水のイメージ

  7. 職人はすごい!

  8. 指で描く