手漉き和紙体験

朝倉市秋月にある
筑前秋月和紙処で
手漉き和紙の体験をしてきました。
いつもはここで和紙を買ったら
すぐ帰っちゃうんですが、
今回はイタリアからの友人と
その友人の通訳係の友人とともに
秋月観光を満喫した後、
手漉き和紙の体験をしました。
手漉き和紙は、「こうぞ」という
植物の皮が原料で、


これがこうぞ。

それを煮て、叩いて、
切り刻んで、その繊維を水に溶かし、
一枚一枚漉いて、乾燥させたもので、
想像以上にいくつもの
工程を経ているのだと
初めて知りました。
(トータルすると完成まで
20日以上かかるそうです)

こちらの和紙に
筆や指を使って絵を描いたときの
かすれ具合が大好きで
愛用していますが、
体験をして、今まで以上に
大事に和紙と接していこうと
思いました。
自分で漉いた紙に何を描こうか
今からワクワクしながら
考えています^^


ワクワクしながら練習で描いた樹^^

関連記事

  1. 10月になりました

  2. ゆふいんは、いい!

  3. ありがとうございました

  4. 表装

  5. 熊野へ

  6. 好きな島

  7. 秘境の神楽

  8. 同じモチーフで