個展まであと6日

約10年ぶりに

ホームページをリニューアルしました。

今回の個展に間に合ってよかったです。

 

友人が

個展は人に迷惑をかけるので

なかなかできるものではないと

言っていました。

たしかに

個展と言いながら

一人ではけっしてできないものだなって

私も開催する度に感じます。

今回の個展でも

会場を紹介してくださった方がいて、

その会場のオーナーさんがいて、

アトリエや画材などを提供してくれた友人がいて、

悩みや愚痴を聞いてくれた友人いて、

励ましてくれた友人がいました。

そしてこのホームページを作って

いただいたWEBデザイナーさん。

個展のためにお仕事の納期を待って

くださったクライアントさん。

きっとこれからもいろんな方々に

お世話になると思います。

そう考えると、少なくとも自分は

個展をするって覚悟をもって

やらないといけないなって思うんです。

こういう思いが今回は逆に

プレッシャーになって

空回りしたりしましたが^^;

今回切り絵でなく

樹墨画でほんとうに苦労しました。

個展に間に合わないと焦りもしました。

このホームページのトップの樹の絵は

約1年前に最初に描いた樹墨画です。

美術館で見た襖絵に夜眠れないほど感動して

数日後、私の家の襖にいきなり描いたものです。

まだ何も技法など一切考えず

ただただ楽しくて仕事の合間に

1ヶ月ほどかかって描いたものです。

その後、筆やいい紙をいただいて

何枚も樹を描きました。

技術を知って樹の幹は見違えるほど

力強くなりました。

最初は大作ができるってワクワクしながら

描きますが、そのうち違和感がでてきて

筆が止まります。

私が描きたかったのは

これなんだろうかと。。。

何枚描いても最初の襖絵に勝てませんでした。

勝つって言葉が合っているのかわかりませんが。。

個展のために樹を描いて2ヶ月間は

長い長いトンネルでした。

自分の小ささを思い知らされて

眠れない日もありました。

最初に描いた樹がなんでこんなにいいんだろう。

未熟なんだけど

きっと襖絵に感動してわくわくした気持ちを

筆に乗せて描いていたんだろうなあ。

そう思うとその後に描いた樹たちには

そういう気持ちがあったんだろうか。。

ずいぶん遠回りをして

やっと自分の中にこう描きたいという

本当の気持ちが見つかって

それを樹に込めていきました。

技術もなく、小さな自分が

大きなものを描きたいって

思っている気持ちを描きました。

1年ぶりに心がすっきりした作品が完成しました。

ぜひ会場で見ていただきたい作品です。

(もちろん他の作品もですが)

たくさんの思いと失敗作の上に

できあがった作品です。

タイトル「小さな自分、大きな空」。

個展終了後にホームページにアップしたいと思います。

写真は数年前に見て一番気に入っている樹の写真です。

関連記事

  1. 屋台でラーメン

  2. 大きな石と大きな樹

  3. 早いもので

  4. たまにはカラフルに

  5. カラフルな和紙

  6. アトリエ訪問

  7. 屋久島BAKA

  8. 書道パフォーマンス