おおご社の大杉

11月、樹をテーマにした個展を
大分県湯布院で開催するので
そこに巨木はないかと調べてみると
大ご社(ごは”禾午”漢字がでませんでした。
読みはおおごしゃ)というところに
杉の巨木があることを知り
見に行ってきました。
由布院駅から1kmくらいの場所にあり、
私は車で向かいました。
ナビが最初に案内した道が歩道用の細い道で
危うく道の途中で引き返せなくなりそうに!
バックで引き返し、その先に進むと
神社に向かう車道があり、安心しましたが
そこもなかなか狭い道で小さな車でよかったと安堵。
駐車場は2台分しかないので
運転に自信のない方はタクシーか歩きがいいかもです。

タクシーで湯布院観光をという場合、
ここの神社がコースに入っていることが多いと
タクシーを使って行った友人が言っていました。
私が行った日は地元の方が
掃除に来られていて、
私があいさつすると社殿の裏の道から
樹の穴が見れるからそこも見ていきなさい
って言われ、社殿正面から向かって
右側の竹やぶをながめながら
ぐるっと一周しました。

社殿を囲むように大きな樹が数本あり
どれもりっぱな樹たちでした!
大ご社の大杉の
根元の穴は中に入ることはできませんが
畳3枚の広さがあるとか。。
入口からは想像できません。
堂々とした存在感と静かな空気に
しばし見とれていました。
この樹をモチーフに絵を描きたいと思っています^^

大ご社の大杉
大分県由布市湯布院町川南746-19

got-yan-kaoru樹墨画作品展
「キノキオク」

2019年11月16日(土)〜12月1日(日)
10:00~17:00(最終日16:00まで)
11月16日オープニングイベント開催
場所:ゆふいん文学の森
(個展会場は太宰カフェの奥になります)
大分県由布市湯布院町川北1354-26
TEL0977-76-8171

関連記事

  1. 指で描く

  2. 名前のない樹

  3. 新緑の中

  4. 今日は

  5. 新年!

  6. カラフルな和紙

  7. 手すき和紙を買いに

  8. 朝倉復興チャリティ